« でたっ!大間のとろ鉄火 | トップページ | カツオとそっくり?本めじまくろ »

2010年4月30日 (金)

若竹煮

若竹煮

三重県産の竹の子が入荷しましたので、ワカメと煮てみました。「若竹煮」です。
「若竹煮」とは、読んで字のごとし、若布と竹の子(筍)の煮物ってことですね。

今日は作り方をご紹介しましょう。

まず、竹の子の茹で方から。

穂先を切り落とし、縦に軽く切れ込みを入れ、少し外皮を剥きます。米ぬかをたっぷり入れたお湯で40〜50分程、ひたすら煮ます。(大きかったら、もっと)

アクを抜くため、そのまま1晩放置。

翌朝、きれいに水を替えて、さらにお湯で10分程煮ます。

こうすることで、見事にアクが抜けます。

竹の子が上手にアク抜き出来たら、後はカンタンですね。

昆布とかつお節のだしに、酒、塩、みりん、醤油を入れて、竹の子にじっくり味を含ませます。

わかめは仕上げに入れましょう。

わかめの塩分が出てきますので、味見をもう一度。

あまり、煮すぎるとわかめが、ベロンベロンになってしまうのでご注意!

後は器に盛って、お庭に木の芽がある方は、柔らかいところをちぎって、のせれば完成です。

今日は何だかキュウ○ー3分クッキングな気分…

|

« でたっ!大間のとろ鉄火 | トップページ | カツオとそっくり?本めじまくろ »

ごちそうの素」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若竹煮:

« でたっ!大間のとろ鉄火 | トップページ | カツオとそっくり?本めじまくろ »