« アンジェラさん、また来年〜!! | トップページ | えらいことに、なっとる… »

2010年5月27日 (木)

大将の修行時代…「花のお江戸、東京」

大将がすし屋の修行に入ったのは、今から58年前。

「中学校卒業」→「集団就職」→「東京」→「?」→「すし屋」です。

始めはお寿司屋さんになりたかった訳ではなかったのですが、ご縁あって、東京の老舗、日本橋のお店へ入店。

その頃は、もちろん給料なし、休みなんてもってのほか。

新しい新入りの小僧には寝床もなく、お店のカウンターの椅子を並べて寝ていたそうです。

今では有り得ないかも?

当時は、技術を教えて貰うのだから、それが当たり前だったのです。

唯一、月一回の床やさんと映画を見て、ラーメンを食べることが許され、楽しみにしていたそうです。

お世話になったお寿司屋さんは、今も営業されていて、テレビなどでもよく紹介されています。

現在の3代目の店主さんは、当時まだ小学生で、若き頃の大将と将棋などをして、遊んだそうです。

|

« アンジェラさん、また来年〜!! | トップページ | えらいことに、なっとる… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大将の修行時代…「花のお江戸、東京」:

« アンジェラさん、また来年〜!! | トップページ | えらいことに、なっとる… »